ルナファーザーの歴史

ルナファーザーの歴史

ルナファーザーの歴史ルナファーザーは、1827年操業のドイツの製紙メーカー、エアフルト社で生産されています。 ウッドチップペーパーで知られるこの壁紙は、1864年にこの工場で産声をあげました。

当初はショーウィンドウのプリント壁紙の台紙として用いられましたが、20年後に製品が改良され、新たに住宅用塗装下地壁紙として発売されました。

自分の好きな色を塗装して仕上げられるこの製品は、個性的なインテリアを求めるユーザーの心をしっかり捉え、発売以来120年以上に渡り、ドイツの家庭で最も愛用される塗装下地壁紙として消費者の間に定着しています。また現在では、ヨーロッパをはじめとして世界各国にその販路を広げています。

+++++

日本では、当社が1972年に輸入・販売を開始したのがはじまりです。 以来、お客様のご愛顧に支えられて現在に至っております。 私共は、住宅建設と環境保全の問題が切り離せなくなった現状のなかで、人と環境にやさしい製品のパイオニアとして、需要の拡大に努めています。